酵素ダイエットは酵素を取り入れることで健康的に痩せていけるダイエット方法ですから、特別何か危険なことがあるというわけではありません。 しかし、酵素がより良く働くための条件を満たしてあげることで、より効果的にダイエットしていくことができますから、そうした点を意識していくと良いでしょう。

酵素は熱に弱い

酵素の弱点はずばり「熱」です。 目安として大体40℃以上になってしまうと、酵素は死んでしまうと言われています。 ですから、酵素ドリンクを飲むときには、熱いものに混ぜるのはNGなんです。

これから寒くなってくると暖かい飲物が欲しくなってくるものですが、酵素を効果的に取り入れたいと思ったら、酵素ドリンクは常温の水や冷ましたハーブティーなどで割るのが一番。

とはいっても、キンキンに冷やした水などを使うのもあまり良くありません。 それは、体内の温度が低いと酵素をせっかく取り入れてもなかなか上手に働けないからなんです。 ですから、体を必要以上に冷やす冷たいものではなく、常温のものが向いています。

そして普段の生活の中では、体を温めるということを大切にすると良いでしょう。 そうすることで酵素がより良く働きやすい体内環境を作ることができます。

酵素ドリンクを飲み続けていると、それだけでも冷えを改善してくれる役目はありますが、それ以外でも冷え対策をしておけば相乗効果でより早く結果が現れるかもしれません。

集中的に断食をするなら、復食が大切

酵素ダイエットで集中的に断食をするのであれば、大切なのはその後の復食です。 断食中の胃腸は休息モードに入っていますから、その状態にいきなり大量の食べ物を入れるというのは非常に負担の大きいもの。 しかもカロリー摂取も抑えている状態なので、ぐんぐんとエネルギーを蓄えようとしてしまいます。

これではせっかくの断食が逆効果になってしまうことも考えられますから、断食の期間が終了したらそれと同じ日数だけかけて、元の食事に徐々に戻していくことが大事。 こうすることでムリなく体の調子が整えられていきますので、ダイエット効果がうんと良くなります。