私たちの体にはリズムがあります。 女性であれば生理がありますから、そのことは男性よりもはっきりと意識できるのではないでしょうか。 そして、そうした体のリズムをうまくつかむことで、より効率的なダイエットをすることができるんです。

毎日の体重測定が大事

タイミングダイエットで最も大切なのは、毎日体重をはかるということです。 何はともあれこれをしなければ始まりません。

そうして毎日体重をはかっていると、何もしていないのにいつもより体重が減っている日というのが出てきます。 こうした日はダイエットをするとその効果がとっても効率よく出やすい日、とも言えます。
そこで、体重が一番少なくなった日に炭水化物を抜いて取り入れるエネルギー量を調節するんです。

炭水化物の抜き方は、2食続けて食べないようにするという方法。
朝・昼・晩と3食食べる場合には、昼はご飯やパンを食べてもOKですが、朝・夜は食べません。

炭水化物はエネルギーになるもの。
こうして取り入れる量を少なくすることで、体に溜め込んでいる脂肪の燃焼をすることにつながるんです。

そして炭水化物を抜いた分、タンパク質や野菜などをたっぷりととって栄養バランスを整えます。 ただ減らすだけでなく、きちんとバランスを考えてしっかりと食べるというところが良いですね。

1キロ痩せたらタイミング体操

一番体重が少なかったタイミングでこうした炭水化物の調節を行っていると、徐々に体重が落ちていきます。そして1キロ減ったところで、今度はタイミング体操をプラスします。

タイミング体操を行うタイミングは、体重が1キロ減った日の朝。しかも空腹時に行うのがベスト。 運動の刺激で脂肪燃焼をするように導いていくそうですよ。

体操といってもそんなに難しいものではありません。
例えば、台の上に立って爪先立ちをしたり、腹筋をしたり。
重要なのは、痩せたい部分に意識して力を入れることと、息を吐きながら徐々に力を入れていくということ。この点が重要で、あとは難しく考える必要はないそうです。

タイミングダイエットでは、この炭水化物の調節とタイミング体操を繰り返していきます。
その他は全く普段と同じ生活をします。
また、生理前や整理中は太りやすいタイミングですから、炭水化物の調節も体操もお休みします。

普段の生活リズムが乱れがちという人には特に効果が表れやすいダイエットですよ。