酵素ダイエットの基本は断食です。
断食というととってもキツいイメージがありますが、酵素ダイエットで行う場合には全く食べない断食よりはストイックなイメージにはなりません。

 

基本は48時間

酵素ダイエットで断食をする場合には、どの酵素ドリンクを使用する場合でも48時間の断食をするというのが基本になっているようです。 その間口にするのは、酵素ドリンクと水や野菜ジュースなどの水分のみ。

この48時間での一番の目的は、固形物を入れないことで胃腸をしっかりと休息させることです。

48時間食べられないときくと、やっぱりつらいイメージが湧いてくるのですが、ただ水だけ飲んで耐えろといっているわけではなく酵素ドリンクがあるというところがポイント。 酵素ドリンクがあることで、空腹感は本当に軽減されます。

というのも、空腹感は脳に栄養が不足することで感じるものだからです。 酵素ドリンクには充分な栄養が含まれていますから、液体だけとはいっても脳までしっかりと栄養が行き渡るんですね。 だから空腹感をそれほど感じずに断食ができるんです。

そして48時間の間に胃腸が休まりますから、お通じも良くなります。 水分はたっぷりと飲むようになっていますから、そのおかげもあるかもしれません。

 

 

更には、酵素ドリンクに含まれている酵素の働きで、代謝があがって痩せやすい体質へと変化していきます。 食事を取らない状態で摂取カロリーが減っている上に、痩せやすい体質になるわけですから、ただカロリー制限をするだけよりもうんと効率が良いですよね。

そしてなんといっても酵素ダイエットの良いところは健康的に痩せられるということ。 ただやみくもに食べないのではなくて、必要な栄養はとっていますし、体を健康に保ってくれるもとになる酵素もたっぷりと取り入れていますので調子も良くなっていきますよ。