生物にはサーカディアンリズムといって1日周期で繰り返されるリズムがあります。
それは人間だってもちろん同じ。
そしてこのサーカディアンリズムを司っているもののひとつに、食事の時間があげられます。
規則正しい生活をすることは、結果的に酵素ダイエットにも良い影響を与えてくれますよ。

消化酵素は毎日同じ時間に活性化する! 

消化酵素が活性化するのは食事をしたときだ、と思ってしまいがちですが、実はこれって間違いなんです。
実際には、食事をしていようがいまいが、毎日ほぼ決まった時間になると酵素は活性化します。
それはなぜかというと、こうした摂食リズムという毎日のリズムを作っておくことで、私たちの体はより効率良く働くようになっているからです。

そしてこの摂食リズムは10~14日間同じリズムで食事をすることで体に覚えこませることができます。
ですから、毎日毎日違う時間に食事をとっているというようなことになると、酵素が活性化している時に食事ができていなかったり、逆に酵素が不活性のときに食事をしていたりといったことにつながってしまい、体の調子を崩してしまいがちになります。

せっかく酵素が元気に働ける時間が自動的にやってくるんですから、その時間に合わせて食事をしないと損だと思いませんか?

消化酵素が働きやすいのは12~20時頃

一般的に消化酵素が働きやすい時間帯は、12~20時の間と言われています。
この時間に食べる食事といえば、昼食と夕食です。
野菜や果物で酵素をしっかりと補いつつ、栄養バランスの取れた食事をしましょう。

夕食がどうしても20時を過ぎてしまうという人もいるかもしれませんが、できる限り20時までにすませられるように調節していきましょう。

20~4時の時間帯は新陳代謝に使われる時間帯です。
この時間帯に心がけるのは良質な睡眠をとることです。

そして4~12時は代謝酵素が活性している時間帯です。
この時間帯に消化酵素をたくさん必要とするような食事をするのは、代謝酵素の働きを邪魔してしまいますから、朝食は生ジュースだったりとか酵素ドリンクを飲むのがベストです。